【現在は契約不可】フレンズプロビデントの「プレミアウェルスCR」を徹底解説!

現在は日本人が加入できない海外金融商品にフレンズプロビデント(Friends Provident International)の「プレミアウェルスCR(Premier Wealth Capital Redemption)」があります。

10年ほど前は「海外投資といったらフレンズプロビデント」というほど有名な金融機関だったので、プレミアウェルスCRを契約した人も大勢いました。

今回は「フレンズプロビデントのプレミアウェルスCR」を徹底解説していきます。これから海外投資を行う人には縁のない商品ですが、すでに契約している人は、今一度プレミアウェルスCRを見直してみましょう。

※「プレミアウェルスCR」は「プレミア」や「プレミアCR」とは別の商品です。ご自身の証券をよくご確認ください。

もくじ
1、フレンズプロビデント(Friends Provident International)
 ・フレンズプロビデントの会社概要、歴史、背景
2、プレミアウェルスCR(Premier Wealth Capital Redemption) 
 ・プレミアウェルスCRの概要
 ・プレミアウェルスCRの手数料
 ・プレミアウェルスCRのボーナス
3、プレミアウェルスCRで資産が増えない人はIFAを再検討すべき
4、まとめ
5、YouTube動画はこちら!

フレンズプロビデント(Friends Provident International)

フレンズプロビデントにはとても古い歴史があります。そして、日本で海外金融商品が広まったのも、フレンズプロビデントの功績が大きいといわれています

フレンズプロビデント 公式ホームページ

フレンズプロビデントの会社概要、歴史、背景

1832年にマン島で設立

・所在地:Royal Court, Castletown, Isle of Man, British Isles, IM9 1RA.

・マン島だけでなく、ジャージー島、香港、シンガポール、ドバイに拠点を持ち、アジアおよび中東を中心に事業を展開している。

・現在はInternational Financial Group Limited(IFGL)の傘下になっている。
※RL360゜もInternational Financial Group Limited(IFGL)の傘下
※2017年まではAvivaグループの傘下だった

・従業員数:700名以上

・顧客数:全世界に約24万人

・預かり資産総額:約2.6兆円

・格付け:A+(S&P:Standard&Poors)、A2(Moody’s)

それでは次に、フレンズプロビデントの主力商品の一つである「プレミアウェルスCR」を紹介していきます

プレミアウェルスCR(Premier Wealth Capital Redemption)

「プレミアウェルスCR」は、フレンズプロビデントの主力商品であった「プレミアCR」の後継品として、2011年7月に発売されました

プレミアウェルスCRの概要

・積立期間
10~25年
※1年単位で選択可能

・運用期間
積立期間と同じ
※満期を迎えると強制的に指定の口座に振り込まれる

・保障期間
積立期間と同じ

・契約者数
1名or 2名(原則として夫婦または親子でないと共同名義を組めない)

・契約可能年齢
18~65歳

・積立年齢制限
満71歳の誕生日まで(共同名義の場合は年上の契約者が対象)

・初期口座期間
18~24ヶ月
※積立期間により変動
⇒10年:18ヶ月、11〜15年:20ヶ月、16〜20年:22ヶ月、21〜25年:24ヶ月

・満期受取金
時価総額(積立金+運用益+ボーナス①+ボーナス②+ボーナス③+ボーナス④)

・死亡時受取金
受託者にプランの権利が移る

・支払方法
クレジットカード(VISA、Master Card、JCB、American Express)

・積立通貨
米ドル、ユーロ、香港ドル、イギリスポンド

・積立頻度
月払い、四半期払い、半年払い、年払い

・最低積立金額
米ドル:300ドル
ユーロ:300ユーロ
香港ドル:2,400香港ドル
イギリスポンド:200イギリスポンド

・プラン最低維持額
確認中

・身分証明書 ※いずれか一つ
パスポート、運転免許証

・住所証明書 ※いずれか一つ
運転免許証、公共料金証明書、住民票、税金納付書、クレジットカード明細書、ローン明細書、建物の賃貸借契約書

・譲渡
書面による手続きにて譲渡可能 ※譲受人は18歳以上

・減額
初期口座期間終了後に申請可能

・取り崩し
初期口座期間終了後、プラン最低額を維持することを条件に申請可能
※最低取り崩し額は750ドル

・一時停止および停止
初期口座期間終了後、プラン最低額を維持することを条件に申請可能(最長1年)

・解約
いつでも申請可能
※初期口座の時価総額に対して解約手数料がかかる(下図参照

プレミアウェルスCRの手数料

他の海外積立商品と同様に、「プレミアウェルスCR」にはいくつかの手数料がかかります。

・契約手数料
米ドル:6ドル

・初期口座管理手数料
初期口座の時価総額×1.5%を四半期ごとに徴収

・投資口座管理手数料
時価総額×0.1%を毎月徴収

・信託報酬 ※IFAによって異なる
時価総額×0.25~0.375%を四半期ごとに徴収

・一括投資手数料
一括投資額×7%

プレミアウェルスCRのボーナス

・ボーナス①
契約から3年後に「総積立額の0.2%」が貯蓄口座に一括で付与される

・ボーナス②
契約から5年後に「総積立額の0.2%÷12」が貯蓄口座に毎月付与される

・ボーナス③
契約から10年後に「総積立額の0.4%÷12」が貯蓄口座に毎月付与される

・ボーナス④
満期時に「USD150」が付与され

プレミアウェルスCRで資産が増えない人はIFAを再検討すべき

海外投資(海外積立投資)では、IFA(Independent Financial Adviser)と呼ばれる投資会社が運用の要になります。実力のあるIFAに運用を任せれば資産が増えますし、そうでないIFAであればいつまで経っても資産が増えません。

海外金融機関、IFA(および正規代理店)、顧客の関係図

そのため、もし「プレミアウェルスCRで積み立てをしているのに資産が増えない」というのであれば、IFAを見直すことをおすすめ致します。

ノーブルエイペックスアドミニストレーションなど、高利回りを残しているIFAであれば、今後の運用で挽回できる可能性は大いにあります

【平均年利13%】IFA・ノーブルエイペックスが高利回りを残せる理由

【平均年利10%超】IFA・アドミニストレーションの最新運用成績

まとめ

今回は「フレンズプロビデントのプレミアウェルスCR」について詳しく解説してきました。

現在は加入できない商品ですが、すでに契約していて運用を継続している人は大勢います。

他の海外金融商品同様に資産が増えるにはどうしても時間がかかりますが、もし「長年積み立てをしているのに思ったように資産が増えない」という場合はIFAを見直しても良いかもしれません。

IFAや代理店の変更を検討している人は、お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。海外金融を専門にしているFPが無料相談を行ってくれます

 

Youtube動画はこちら!

海外投資を始めたい方へ ~無料メルマガ~

「海外投資のはじめ方」を4つのStepに分けて動画で解説!